2011年09月12日

久石譲 CLASSICS Vol.4

先日、またまた久石譲のコンサートを聴きに行ってきましたるんるん


久石譲の本名の『藤澤守』名義で『交響曲第1番』と『弦楽オーケストラのための「螺旋」』
そしてマーラーの『交響曲第5番』という曲目。



『交響曲第1番 第1章』と『弦楽オーケストラのための「螺旋」』ともに、すごい難しい曲ですあせあせ(飛び散る汗)

正直、一聴しただけじゃ何とも....あせあせ(飛び散る汗)
「螺旋」は全体的に緊張感のある細かいフレーズがず〜っと続くといった曲だ。
曲調も明るくなったり、メロディ等、一切なしのひたすらの不協和音の緊張感....。

『交響曲第1番 第1章』の方もそんな感じだったかな。難しかったですね。




思ったのが『やはり「藤澤守」名義だな』と。

『久石譲』を聴きに行った人は結構ツライと思いますね。





あと最後のマーラー。

家に何度も聴いたけど、未だによく解りませんたらーっ(汗)

久石譲もトークで『学生の時は好きじゃなかった』と言ってました。

ちょっと安心(笑)


彼曰く『マーラーは対位法がすごい』とのこと。
『作曲者なら、「メロディが鳴って、その裏にも同時にメロディが鳴って....」、そういうものに作曲者なら第でも魅かれる。
マーラーは一見、地味なようだけど、「メロディの裏のメロディ」それが緻密に計算されていて、それが曲が進むにつれどんどん力増して行く』そんな感じでした。


ま〜それを意識しながら聴いたけど、なんせ70分ぐらいある曲なんでねあせあせ(飛び散る汗)
連日の仕事の疲れもあったせいか、途中寝かけました(笑)

いや〜まだまだ勉強不足です。


posted by hiro at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。